仕舞い方 〜人生半ばで2〜

で、何から始めよう?

ということで考えたのは、
現在の職があるうちに
収入を得る先を、複数にする
ということから始めました。

日本の働き方で、
行動が制限される1番の理由はお金です。
転職しても思うように報酬が
上がらなかったり、
(日本人は私も含めて自分の売り込みが
 下手な人種だと思います。)
住宅ローンや教育費など、支払いが滞ると
やっていけなくなってしまいます。

また時には上司から、
「お前のところは子供、まだ高校生か?
 これからお金かかるよなぁ」とか、
「住宅ローン抱えていたら、
 会社辞められないよなぁ。」など、
家族の人生やお金を人質に足元を
見られることも少なくありません。

現に私の会社もそうでしたし、
それを理由に無理な仕事や転勤を
命じられた人も多いと思います。

そう思うと人質の解放を
していかないことには、ずっと
行動に制限がかかってしまいます。

これは50歳の時にそう思いましたが、
現状は、今の会社の依存度は90%以上
なので、まだ人質は解放できていません。
ここへの対処は、また後述していきます。

いずれにせよ、今の会社への依存度を
少しでも下げないと、実際問題として
転職、離職、いずれも難しいと判断
した結果です。

人に足元を見られない生き方が
できたら、どれほど気が楽でしょう?

本来の意味合いで、仕事の質も
もっと上がると思います。

ただ働きながら、
別の事をするというのは
時間的に厳しいものです。

それでも何か新しいことを
初めて見るのは楽しい事でしたし、
先々のビジョンにとてもワクワク
しました。

つならない大人でいるよりも
子供の時に夢見た将来と同じように
大人になっても、このワクワク感は
忘れてはならないものだと思います。

ワクワクする気持ちのモチベーション、
これが働きがいや
生きがいにつながることこそ、
今の日本、大人に必要なんだと
つくづく思います。


 ↑ 良かったらクリックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました